merumaga

危険!!佐藤孝法 FTE(Financial Technology Eternal)

今回の商材はこちらです。

特定商取引法に基づく表示

販売会社:株式会社オーエスワイ

運営責任者:鈴木 孝之

所在地:東京都港区虎ノ門1-16-6 虎ノ門PAPO-TOビル UCF703

お問い合わせ先:info@f-t-e.jp

URL:http://f-t-e.jp/lp1/

URL:http://f-t-e.jp/lp2/

URL:http://f-t-e.jp/lp3/

何もしなくても系ですね。

販売者は佐藤孝法

商材名は、FTE(Financial Technology Eternalです。

無料オファーです。

 

FTE(Financial Technology Eternal)は、

3つのセールスページがあります。

それらのセールスページ全てで

このページは一度閉じてしまうと二度と表示されません。

絶対に「戻る」や「再読み込み」をしないでください!

といったことが書かれています。

 

もちろん、それは嘘です。

何度でも表示されます。

登録してもらうために煽っているだけなのです。

この時点で怪しい感じしかしません。

 

そして、

FTE(Financial Technology Eternal)は、

他言無用、今だけ30名限定で

毎日50万円がもらえます。

史上初!業界の常識を覆す

リスク0%の資産構築法を確立

何もしなくてもドンドンお金が増えていく

世界最先端の究極放置型マネーロジック「FTE」

などと謳っています。

よくもまあ、そんな大そうなことを言えるものですね。

笑ってしまいます。

 

さらには、国内最大手レビューサイトで

50,000以上のノウハウの中から

総合ランキング第1位を獲得とも言っています。

総合部門、再現性部門、成功率部門、利益部門、スタッフ推薦部門の

5冠だというのです。

 

国内最大手レビューサイトというのが何なのかは

示されていませんので、確認することはできません。

ですので、全く信用できませんね。

作り話だと断言していいでしょう。

 

販売者の佐藤孝法氏は、これまでにも無料オファーを

出されたことがあります。

内容はFXで、バックエンドに高額塾が用意されていました。

前歴のある方なんです。

今回も同じ展開なのではないでしょうか。

 

それに、セールスページではビジネスモデルが示されていませんので

どういう仕組みで稼ごうというのかわかりません。

危険商材の特徴出てますね。

 

このオファーへの参加方法というのが、

1、メールアドレスを登録

2、無料モニターの当選

3、初期設定を行う

4、最短で即日報酬が発生

5、1ヶ月後に結果を報告

なんだとか。

実際に稼げるというイメージは全く湧きません。

 

内容確認のため、登録してみると

FTE(Financial Technology Eternal)

仮想通貨投資だとわかりました。

何もしないで稼げるとセールスページで謳っていますので

自動ツールで投資を行うものということですね。

 

確かに、始めの設定だけして自動売買ツールを使えば、

あとは何もしなくても投資することは出来ます。

しかし、自動で稼ぎ続けるということはあり得ません。

自動で損失を生み出すことだってあるからです。

自動ツールというのは、投資の知識とスキルがある人が

工数削減の為に使って、初めて活きてくるものです。

ツール任せで稼げるほど、投資の世界は甘くありません。

 

仮に、本当に任せられるツールだとしたら、

こんな煽ってばかりいる無料オファーなど出すはずがありません。

自分たちで使って稼げばいいのです。

 

稼げないツールだからこそ、無料オファーで

登録を煽り、リストを集めてひと稼ぎしようとしているのです。

ツール使用を有料化したり、有料でもっと確実に稼げる

方法を教えるなどと言って高額塾を勧めてくることでしょう。

 

結論

FTE(Financial Technology Eternal)は、

仮想通貨投資で稼ごうという内容です。

しかし、セールスページを複数設け、そのすべてで

内容を明かさないまま、登録を煽る言葉が並んでいます。

危険というほかありません。

近づかないようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

スポンサーリンク

管理人

管理人 当ブログにお越しいただきありがとうございます。 アフィリエイト業界最高のレビューサイトです。 あなたの探している商材の評価が必ず見つかります。 詐欺商材を徹底批判していきゆう! ネットビジネス界の業界健全化が目標やか!

このページの先頭へ