merumaga

危険!!新川大地、柳井弘幸 Airbnb赤字難民救済プロジェクト

今回の商材はこちらです。

特定商表取引表示

運営事業者名(社名・商号・屋号):

日本民泊推進委員会 airbnb(エアビーアンドビー)プロジェクト

運営事業者住所:〒169-0074 東京都新宿区北新宿3-2-1

代表者または運営統括責任者:新川大地

代表者または運営統括責任者(フリガナ):アラカワダイチ

連絡先/ホームページ:info@airbnb-guide.com

連絡先/TEL:050-6865-9081

URL:http://1gnitestrategy.com/launch/airbnb/sos/

民泊ビジネスですか・・・。

販売者は新川大地、柳井弘幸

商材名は、Airbnb赤字難民救済プロジェクトです。

無料オファーです。

 

東京オリンピックが決定したころ、たくさん出てきた

民泊ビジネスのオファーですが、そのころは法整備もなされて

いない中で、怪しいものばかりでした。

 

ここにきてようやく、民泊新法が成立し、

久しぶりに民泊ビジネスのオファーが登場しました。

 

 

 

東京でオリンピックとパラリンピックが決定したとき

宿泊施設が現在でも不足しているのに、どうするんだ、

という話が浮上し、出てきたアイデアが民泊というシステムです。

簡単に言えば、空き家に泊まってもらおうことです。

 

 

法整備はできてきたものの、

民泊ビジネスを行えるのは

不動産を持っている人だけになります。

何もない人は物件を探して、持ち主と契約して

代行する形になります。

 

Airbnb赤字難民救済プロジェクトは、

Airbnbを使って民泊ビジネスを行っている人が対象になります。

その中でも赤字になっている方が対象になります。

 

セールスページでは、情報提供者の新川大地氏が

入院中にAirbnbで赤字だったものを黒字にしたと

言っています。

 

Airbnbは、年間180日しか営業できません。

なので短期宿泊者が対象になります。

 

赤字だったものを黒字にしたと言っていますが

入院中だったわけですから部屋の管理、清掃などの

業務は運営代行サービスを利用したということになります。

 

どんな物件でも黒字化させると言っていますが

立地や物件等によって、事情は様々です。

そんなに簡単に赤字から黒字にするのは難しい

と思います。

年間180日しか営業できませんしね。

 

Airbnb赤字難民救済プロジェクトでは、

無料WEBセミナーを開催するそうです。

無料で参加できますから、民泊できる物件を所有して

いる方なら、セミナーに参加してみてもいいかもしれません。

 

そこで気になるのが、情報を提供してくれる側の狙いです。

新川大地氏はAirbnb稼働率アップの専門家を名乗り、

コンサルティング活動をされています。

なので、セミナーに参加すると、コンサルしますから

ということで、コンサル費用を請求してくる話になるのでは

ないでしょうか。

 

あと、引っかかるのが特商法表記に書かれている

日本民泊推進委員会なる組織です。

住所は賃貸マンションなのです。

本当に実体のあるもなのか疑問があります。

 

赤字物件を黒字化したと言ってはいますが

その証拠、民泊ビジネスのリスクについては書かれていません。

民泊ビジネスのリスクを示したうえで、その解決方法を

教えてくれるというなら、わかりやすいのですがね。

怪しいですね。

 

結論

Airbnb赤字難民救済プロジェクト

民泊ビジネスを黒字化すると謳う無料オファーです。

対象者はAirbnbに参入していて、赤字になってしまっている

人に限られます。

 

無料セミナーですから、民泊ビジネスの物件を持っている方なら

参加してみてもいいかもしれません。

しかし、特商法表記にある日本民泊推進委員会が実体のある

ものなのかわかりません。

それに、セールスページで民泊ビジネスのリスク説明など

説得力のあるものがありません。

 

物件所有者以外の方は、対象外ですから

近づかないようにしましょう。

所有されている方も、注意が必要でしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

スポンサーリンク

管理人

管理人 当ブログにお越しいただきありがとうございます。 アフィリエイト業界最高のレビューサイトです。 あなたの探している商材の評価が必ず見つかります。 詐欺商材を徹底批判していきゆう! ネットビジネス界の業界健全化が目標やか!

このページの先頭へ