merumaga

詐欺商材!!山崎ひろなり

今回の商材はこちらです。

特定商取引法に基づく表示

URL以外なし

URL:http://yamasakihironari.com/lp1/

URL:http://yamasakihironari.com/lp2/

日本の未来を変える・・・?

販売者は山崎ひろなり

商材名は、ちゃっかリッチシステムです。

無料オファーです。

 

まず、特商法表記がありません。

信用できませんね。

 

情報提供者は山崎ひろなりという名前です。

有名芸人と同じ名前です。

検索をかけると芸人がヒットします。

検索逃れでしょうね。

怪しいですね。

 

AirBnBというのがちゃっかリッチシステム

元となっているものです。

民泊ビジネスのノウハウということです。

2020年の東京オリンピックが決定したころ、

民泊ビジネスに関するオファーが

たくさん流れました。

当時、法整備も進んでいない状態で、始めるのは

困難という状態でした。

 

AirBnBは海外で普及している民泊システムです。

空き部屋を宿泊施設として提供しようというものです。

今、日本は慢性的な宿泊施設不足で、

民泊で、その不足を埋めるというビジネスに

参入しようというものです。

 

現在、法的に民泊が認められているのは

東京都大田区等の一部地域に限定されています。

その他の地域では、旅館法違反なってしまいます。

これから、民泊新法を制定し、限定的に民泊を認めようと

いう動きがあります。

民泊新法が国会を通って施行されれば

民泊ビジネスを行えるようになります。

 

もしこの法律が施行されたとき、

民泊ビジネスができるのは住宅です。

マンションなどでは民泊を認めていない

ところもあります。

認められていないところで民泊サービスをすると

違法になります。

営業日数の制限もあり、年間で180日までです。

 

民泊新法では民泊施設管理業者を指定するようです。

宿泊した民泊施設の清掃等メンテナンスを行う

専門業者を定めるのです。

 

ちゃっかリッチシステムでは

民泊施設管理者と契約しなければいけません。

運用するには物件を借りて、民泊サービスを行い

貸し出して、民泊施設管理者と契約し、メンテナンスを

依頼することになります。

民泊ビジネスを始めるのには、、

物件を取得して宣伝し、借り手を見つける必要があります。

 

ちゃっかリッチシステムのセールスページでは

上記にあるようなAirBnBの運営でやらなければ

ならない多くのことを

ちゃっかリッチシステムがやってくれると謳っています。

システムに全てを任せるだけ、とも言っています。

さて、そこまで言うのなら、自分たちで運営して利益を

出せばいいはずです。

無料オファーを出すのはなぜでしょうか?

 

全てを任せることになるこのシステムには

かなりのお金がかかるとしか思えません。

それも継続してかかってくるでしょう。

怪しすぎますね。危険が感じです。

ぼったくりのにおいがします。

 

結論

ちゃっかリッチシステムは、

特商法表記の記載がないです。

情報提供者の名前が有名芸人と同じで、

検索逃れしている。

民泊ビジネスをシステムに任せるだけと、

いかにも簡単そうなイメージを醸し出している。

以上より、危険と判断できます。

近づかないようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人

管理人 当ブログにお越しいただきありがとうございます。 アフィリエイト業界最高のレビューサイトです。 あなたの探している商材の評価が必ず見つかります。 詐欺商材を徹底批判していきゆう! ネットビジネス界の業界健全化が目標やか!

タグ

このページの先頭へ